管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

江戸から令和へ 東海道の旧旅籠「大橋屋」がリニューアル 愛知・豊川市

  • カテゴリー:ニュース番組
 愛知県豊川市に残る江戸時代の旅籠(はたご)「大橋屋」が復元整備され24日、一般公開が始まりました。

 「大橋屋」は、約200年前に建てられたといわれ、江戸時代は「鯉屋」という屋号で東海道を旅する庶民の宿として利用されていたということです。2015年まで営業を続けてきましたが、所有者が高齢化などを理由に豊川市に寄付、市が復元整備を進めていました。

 担当者は「江戸時代の風情を味わってほしい」と話していました。

esf3s2br993zu2mtjj2t-5f0fa005.jpg

みんなからのコメント コメントする

トラックバック