管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

勝敗分けた最後の1投=わずか5センチ差で強豪撃破―日本女子〔五輪・カーリング〕

  • カテゴリー:スポーツ
s3azz9xbatjna3n8tmf5_320_400-c6d59185.jpg

スウェーデンとの熱戦を制した日本女子のメンバーは、抱き合って喜びを共有した。吉田知は熱いものがこみ上げ、「ほっとした」。勝敗は最後の1投までもつれた。
 第9エンドに2点を奪って4―4に追い付き、不利な先攻で迎えた第10エンド。藤沢が最終投で日本の石を押して、円の中心に一番近かった相手の石に当て、中心から引き離す。藤沢が「プレッシャーのかかる位置に置けた」と振り返った好ショット。相手の最終投は狙いよりも少し強くなり、わずか5センチの差で日本が勝利。藤沢は「最後まで諦めずに戦えた」と胸を張った。
 午前のカナダ戦は石の曲がり方や氷の状態が読めず、3―8で大敗。ミスショットを連発し、メンバーは感情をコントロールできなかった。リンド・コーチから「試合に臨む態度ではなかった」と一喝され、冷静さを取り戻した。スウェーデン戦の後半は好ショットが決まるようになり、吉田夕は「チャンスは必ずくると集中していた」。終盤の粘りで優勝候補を破った。
 日本女子では五輪最多となる5勝目を挙げ、スウェーデンと並び2位に浮上。日本勢初の準決勝進出に大きく前進した。それでも、主将の本橋は「意識するとカナダ戦のようになる」と冷静だ。1次リーグは残り2試合。一投一投に集中した先に、大きな喜びが待っている。(時事)

みんなからのコメント コメントする

トラックバック