管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

ゴールデンウィークの天気傾向 日本気象協会発表

  • カテゴリー:ニュース番組

日本気象協会は、18日「ゴールデンウィークの天気傾向」を発表しました。「平成」から「令和」にかけては、関東から九州を中心に、お出かけ日和になりそうです。

平成から令和へ時代をつなぐ今年のGW(4月27日頃~5月6日頃)は東日本・西日本を中心に行楽日和が多くなります。北日本は太平洋側で晴れる日が多いでしょう。ただ、寒気の影響を受けて、北海道ではGWの初め頃は標高の高い山で雪が降るかもしれません。関東甲信から九州は、晴れる日が多いでしょう。

気温はほぼ平年並みで、GW前半は少しヒンヤリする日があるものの、全体的には暖かい空気に包まれそうです。汗ばむ陽気となる日もあるため、体が暑さに慣れていないこの時期は熱中症にかかりやすいのでしっかりとした対策が必要ですまた、屋外のレジャーは忘れずに紫外線対策をしてください。奄美・沖縄では、湿った空気の影響で天気がぐずつく予想です。前線が停滞する可能性もあり、GWの後半は、平年より早く梅雨入りの発表があるかもしれません。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00001271-tenki-soci

a96hfvjxrbtxrx4yunys_320_400-dea57296.jpg

みんなからのコメント コメントする

トラックバック