管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

大坂なおみ「夢がかなった」憧れ続けたセリーナ撃破!また「世界一」に土

  • カテゴリー:スポーツ
thuxhhxkxayjjj522hmj_320_400-3517ca30.jpg

◆テニス マイアミ・オープン第2日 ▽女子シングルス1回戦 大坂2―0S・ウィリアムズ(21日・米フロリダ州マイアミ)

女子シングルス1回戦で世界ランク22位の大坂なおみ(20)=日清食品=が、元1位で4大大会最多の通算23勝を誇るセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を破った。前週のBNPパリバ・オープン(OP)でツアー初優勝を果たした勢いのまま、憧れの元女王にストレート勝ちし「夢がかなった」と喜んだ。日本時間24日の2回戦では同4位のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)に挑戦する。

3日前に初優勝を挙げたばかりの大坂が、また1つ夢をかなえた。テニスを始めたきっかけになったセリーナと1時間17分打ち合い、白星を挙げた。シングルスのツアー通算優勝数は1対72。生涯獲得賞金でも約3億円対89億円と30倍近い差がある元女王から手を差し出され「グッジョブ」と声をかけられたのが、何より「光栄」に感じた。ツアーのシングルスでセリーナに勝った日本人は10戦目で初めてだ。

初対戦では普段とは違う緊張感が襲ってきた。最初のサービスゲームは不安定になり強烈なリターンを食らった。「これがセリーナのショットか~」。喜びと緊張とが入り交じった気持ちを感じながらも、プレーは崩れなかった。「3ゲームで自分を取り戻した。いつもと同じ対戦相手、と思って自分に集中した」

第1セット、5―3の第9ゲームは0―40から追いつきブレイク成功。センターコートのメインイベントで地元スターへの声援が多かったが、徐々に「カモン、ナオミ」の声が増えた。セリーナの練習相手を長年務めたサーシャ・バイン・コーチは「憧れの選手との対戦は難しい。落ち着きが出て2週間前とは違う選手になった」と精神面の急成長を感じ取った。

幼い頃から特別な存在だった。テレビに映るとプレーにくぎ付けになり、懸命に応援した。米国の公営コートで姉・まりと共に父から手ほどきを受けていると、行き交う人に「未来のウィリアムズ姉妹かい?」と声をかけられて喜んだ。姉・ビーナスと共に活躍する姿を自分たち姉妹に重ね「セリーナになりたい」と高速サーブやパワフルなショットを磨き続けてきた。

会見を断ったセリーナは「ナオミは素晴らしい試合をしたし、私も見習うところがあった」とコメントを発表した。米国で「ベイビー・セリーナ」と呼ばれる大坂にとっては最高の褒め言葉。「私が誰だか知ってもらって、存在を印象付けたかった」という願いもかなった。優勝したBNPパリバOPでは現世界ランク1位のハレプを始め3人の1位経験者を撃破。わずか2大会で4人の“女王”に土をつけた。20歳の躍進は、マイアミでも続きそうだ。

別所哲也、谷岡学長の栄監督は「その程度のパワーしかない」発言に「その発言自体が栄さんへのパワハラ」

  • カテゴリー:スポーツ
kdpe5utvwh89o2yfvdt4_320_400-c8796f07.jpg


© スポーツ報知/報知新聞社 栄和人氏

 16日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)でレスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(33)が、日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを受けたとする告発状が内閣府に出された問題を受け、栄氏がレスリング部監督を務める至学館大の谷岡郁子学長(63)の会見を特集した。

 会見で谷岡学長は、パワハラを告発された栄氏について「その程度のパワーしかない人間なんです栄和人は。パワーもない人間によるパワハラっていうのが一体どういうものか私には分かりません」と発言した。これにコメンテーターで俳優の別所哲也(52)は「その発言自体が栄さんに対するパワハラになっている。上からね」と指摘し、小倉智昭キャスター(70)も「ちょっと無理があった気がしますね」とコメントしていた。

勝敗分けた最後の1投=わずか5センチ差で強豪撃破―日本女子〔五輪・カーリング〕

  • カテゴリー:スポーツ
s3azz9xbatjna3n8tmf5_320_400-c6d59185.jpg

スウェーデンとの熱戦を制した日本女子のメンバーは、抱き合って喜びを共有した。吉田知は熱いものがこみ上げ、「ほっとした」。勝敗は最後の1投までもつれた。
 第9エンドに2点を奪って4―4に追い付き、不利な先攻で迎えた第10エンド。藤沢が最終投で日本の石を押して、円の中心に一番近かった相手の石に当て、中心から引き離す。藤沢が「プレッシャーのかかる位置に置けた」と振り返った好ショット。相手の最終投は狙いよりも少し強くなり、わずか5センチの差で日本が勝利。藤沢は「最後まで諦めずに戦えた」と胸を張った。
 午前のカナダ戦は石の曲がり方や氷の状態が読めず、3―8で大敗。ミスショットを連発し、メンバーは感情をコントロールできなかった。リンド・コーチから「試合に臨む態度ではなかった」と一喝され、冷静さを取り戻した。スウェーデン戦の後半は好ショットが決まるようになり、吉田夕は「チャンスは必ずくると集中していた」。終盤の粘りで優勝候補を破った。
 日本女子では五輪最多となる5勝目を挙げ、スウェーデンと並び2位に浮上。日本勢初の準決勝進出に大きく前進した。それでも、主将の本橋は「意識するとカナダ戦のようになる」と冷静だ。1次リーグは残り2試合。一投一投に集中した先に、大きな喜びが待っている。(時事)