管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

不正アクセス受けたECサイトでカード情報477件が漏えいの可能性

  • カテゴリー:ニュース番組
3zxnuowppgkzdn94bofa-52c4bedf.png

和菓子などの製造・販売を手がける藤い屋のECサイト「藤い屋オンラインショップ」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報477人分が漏えいした可能性があることがわかった。

システムの一部の脆弱(ぜいじゃく)性を突いたことによる第三者の不正アクセスが原因。カード決済を選択したユーザーは、偽の決済画面へ誘導され、そこで入力されたクレジットカード情報が流出し一部カード情報が不正利用された可能性があるという。

2018年10月15日~2019年1月28日の期間中、「藤い屋オンラインショップ」においてクレジットカードで決済した477人のカード情報が対象。流出した可能性のある情報「カード名義人名」「クレジットカード番号」「有効期限」。

今後、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策および監視体制の強化を行い、再発防止を図るとしている。

なお、自社運営のECサイトは終了することを決定。改めてWebサイト上で今後の対応を告知するとしている。


■ EC業界におけるセキュリティ対策について

経済産業省主導の「クレジット取引セキュリティ対策協議会」(事務局は日本クレジット協会)は、2017年3月8日に公表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2017-」において、EC事業者に対して2018年3月までにカード情報の非保持化、もしくは「PCI DSS準拠」を求めていく方針を掲げた。

カード情報の漏えいの頻度が高い非対面(EC)加盟店については原則として非保持化(保持する場合はPCI DSS準拠)を推進。EC加盟店におけるカード情報の非保持化を推進するため、PCI DSS準拠済みのPSP(決済代行会社)が提供するカード情報の非通過型(「リダイレクト(リンク)型」または「JavaScriptを使用した非通過型」)の決済システムの導入を促進するとしている。

2018年6月1日に施行された「割賦販売法の一部を改正する法律(改正割賦販売法)」では、クレジットカードを取り扱うEC事業者などに対して、「クレジットカード情報の適切な管理」と「不正使用防止対策の実施」が義務付けられている。

また、独立行政法人情報処理推進機構では不正アクセス対策についての資料をまとめており、「安全なウェブサイトの作り方」などを閲覧することができる。

山口真帆が大手事務所の研音に移籍、48G関係で初

  • カテゴリー:ニュース番組
3f4mhy7d95zsugvtk95g_320_400-c6d62f61.jpg


18日にNGT48を卒業した山口真帆(23)が、大手芸能事務所の研音に移籍することが24日、分かった。

卒業後の動向が注目されていた山口の移籍先が決まった。同事務所は山口智子(54)天海祐希(51)をはじめ、菅野美穂(41)片瀬那奈(37)栄倉奈々(31)川口春奈(24)杉咲花(21)ら、ベテランから若手まで実力派女優が数多く所属。AKB48グループメンバーの同事務所への所属は現役・OGを含めて、初めてとなる。

今年1月8日に暴行被疑事件を明らかにして以降、一連の騒動を受けて山口の知名度は急上昇した。事件を明らかにした当時は3万人ほどだったツイッターのフォロワー数も、現在28万人超えと9倍以上に増加。騒動の広がりとともに、世間からの同情やエールなどの後押しもあり、卒業発表前後から、複数の芸能事務所が興味を示していた。

山口は6日に行った最後の握手会や、18日の卒業公演でのあいさつでも、芸能活動の継続を明言していた。関係者によると、研音はいち早く山口の動向に注目していたという。卒業後に、研音側との話し合いをへて、今日25日付で所属が決定。山口はかねて、モデル業に興味を示していたとされるが、女優、タレントとしても幅広く活躍が望める同事務所と、思惑が一致したとみられる。

山口は「このたび、研音に所属することとなりました。温かく迎えてくださり、新たな一歩を踏み出すきっかけをいただいた研音と、応援してくださる皆様への感謝の気持ちを忘れずに、また一から自分を磨き、これからの活動を頑張っていきたいと思います」とコメントした。

また山口と同時にグループを卒業した菅原りこ(18)長谷川玲奈(18)も芸能活動継続を明言している。

全国的に厳しい暑さ続く 熱中症に警戒を

  • カテゴリー:ニュース番組
8cvr5wok4ko5rnzihiwz_320_400-bb22052c.jpg

 きょう27日(月)は、北日本から東日本にかけて晴れて暑さが続く見込み。西日本は夕方以降、雨が降る見通しだ。日中の気温は、30℃以上の真夏日のところが多く、猛暑日も予想されているところもあり、こまめな水分補給などが必要となる。

5月と思えない暑さに

 北日本と東日本は晴れて暑さが続き、内陸を中心に気温が上がる見込み。一方、前線が近く九州は次第に雨が降り出し、中国、四国は、夕方以降は雨が降る見通しだ。 
 きのう26日(日)は、北海道佐呂間町で39.5℃を観測し、5月の国内の最高気温を更新したが、きょう27日(月)も、全国的に暑くなる見通し。熱中症へ警戒が必要となる。


高温注意情報発表地域(午前5時現在)

北海道、東北、関東甲信

27日の予想最高気温(前日差)

札幌  32℃(±0℃)真夏並み
仙台  31℃(±0℃)真夏並み
新潟   30℃(-2℃)真夏並み
東京  33℃(±0℃)真夏並み
名古屋 34℃(+1℃)真夏並み
大阪  30℃(-1℃)7月上旬並み
福岡  26℃(-5℃)平年並み
那覇  28℃(±0℃)平年並み
(気象予報士・崎濱綾子)

トランプ氏への厚遇ぶり報道=「ほぼ観光客」「相撲の伝統揺さぶる」-米メディア

  • カテゴリー:ニュース番組

yx4mndjuo47xecxue9dy_320_400-0e19730b.jpg

 【ニューヨーク時事】ゴルフから大相撲観戦に炉端焼き-。

 米メディアは26日、国賓として来日したトランプ大統領に対する日本側の厚遇ぶりを大きく取り上げた。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、大統領がゴルフ場で安倍晋三首相と自撮り写真に納まり、東京・六本木の炉端焼き店での夕食会では和牛ステーキを楽しんだことなどを紹介。「大統領はほぼ観光客として1日を過ごした」と皮肉った。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(同)は異例ずくめとなった大統領の大相撲観戦の様子を詳報。升席では座布団には座らずに椅子に腰掛け、米国大統領杯の授与のために土俵に上がった際はスリッパを履いたことを伝え、「伝統に縛られた相撲界を揺さぶった」と評した。 

山下智久、公式インスタグラムを開設

  • カテゴリー:ニュース番組

coy6d2kzgs2fw5jo7c6u_320_400-5c0f691c.jpg

5月16日、歌手・俳優の山下智久さんが公式インスタグラムを開設した。ジャニーズ事務所の所属タレントがインスタグラムを開設するのは、これが初めてとなる。

初投稿は、英語とハッシュタグを交えたコメント。

<これからヨロシク! Im on the Gram !!! Excited to share with you! #山下智久 #tomo>
(インスタグラムを始めました。みなさんとシェアできるのを楽しみにしています!)

この投稿から約2時間で、フォロワーは5万人を突破した。


Weiboに続きインスタへ

山下さん自身は、昨年6月に「Weibo」でオフィシャルアカウントを開設。

海外、特に中国語圏のファンに向け、事務的な投稿だけでなく、写真や動画も積極的に使って自身の近況や最新情報を発信していた。

Weibo上でもインスタグラムを始めたことを報告している。

技能実習、宿泊業で制度変更 無試験で在留資格可能

  • カテゴリー:ニュース番組
3if3d3y6uzouybgvyteh_320_400-37baf142.jpg

 外国人技能実習制度の宿泊業について、政府は16日、現在は1年しか認められていない技能実習を2年目以降もできるよう、制度を改正すると発表した。これにより、宿泊業で約3年の実習を経験すれば、4月に始まった新たな在留資格「特定技能」に無試験で移行することが可能になる。

 宿泊業の技能実習はこれまで1年だったため、特定技能の資格を得るには試験に合格する必要があった。一方、外国人観光客の急増や2020年の東京五輪を控え、外国人をスタッフとして受け入れたいとの要望が業界から高まっていた。

 政府は16日から6月14日までパブリックコメント(意見公募)を実施し、7月ごろに新制度を開始する考えだ。

8週以下の子犬、子猫の販売禁止へ マイクロチップも義務化 動愛法改正へ合意

  • カテゴリー:ニュース番組
jh2ug4wi8rpaeh843u49_320_400-dbfe54e3.jpg

 超党派の「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」(会長=尾辻秀久参院議員)がまとめていた動物愛護法の改正案について、各党と大筋で合意に達したことが16日、わかった。生後56日以下の子犬や子猫の販売を禁じる「8週齢規制」を導入するほか、ペットの繁殖・販売業者の飼育施設や従業員数などに関して環境省令で数値規制を行うよう定めるなど、繁殖業者やペットショップなどへの規制強化が行われることになる。また、販売される犬猫のトレーサビリティー(繁殖・販売・所有履歴の管理)のため、繁殖業者にマイクロチップの装着を義務づける。

 動物愛護法は5年に1度のペースで、議員立法により改正される。前回は2012年に改正され、13年に改正法が施行されていた。超党派議連では今国会中の改正を目指しており、来週中にも総会を開き、各党から意見を聞いて大筋合意に達した改正案について、承認を得る見通しだ。超党派議連は昨年12月に改正案の骨子をまとめ、各党と協議、調整を進めていた。

 8週齢規制は、成長後の問題行動を予防したり、免疫力を高めてから出荷することで感染症にかかるリスクを減らしたりするために導入する。ペット関連の業界団体の一部が強固に反対していたが、欧米先進国の多くで既に導入されているほか、前回の法改正以降に、動物行動学の観点から8週齢以降で親元から引き離すことを推奨する研究や論文が世界各国で多数発表されていることを受け、今回の法改正での実現に踏み切った。

 世界小動物獣医師会(WSAVA)が「8~9週齢で1回目のワクチン接種」することで、子犬・子猫の免疫力を高めるよう推奨していることなども、勘案した。

 また、劣悪な繁殖業者やペットショップが全国的に社会問題化していたことを受け、業者の飼育施設について広さや構造に関する数値規制を導入するほか、従業員1人あたりの上限飼育数なども設ける。具体的な数値については、環境省令で定めるようにする。環境省令は、改正法の公布後2年以内に施行する。なお8週齢規制は、この環境省令によって繁殖業者の飼育環境の改善をはかるのとタイミングをそろえて施行する方向で調整している。

 一方でマイクロチップの装着義務化については、自民党どうぶつ愛護議員連盟(会長=鴨下一郎衆院議員)の強い意向などを受けて盛り込んだ。トレーサビリティーを目的に、販売する子犬・子猫と繁殖用の成犬・成猫への装着を、繁殖業者に義務づける。

 また、捨て犬・捨て猫の防止や大規模災害で飼い主とはぐれた場合の対策などのために、所有者明示の目的で、一般の飼い主や動物愛護団体などにも、装着の努力義務を課す。

 義務化にあたっては、登録する情報の精査や情報登録機関の指定などに準備が必要なため、マイクロチップの装着義務に関する事項は、改正法の公布後3年以内の施行となる。

 動物殺傷罪の厳罰化もはかる。現行法では2年以下の懲役または200万円以下の罰金で、動物愛護団体などから、器物損壊罪(3年以下の懲役または30万円以下の罰金)と比べて「罰則が軽すぎる」との指摘が出ていた。超党派議連と各党との間で「3年以下の懲役または300万円以下の罰金」または「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」のいずれかで調整を進めている。
(太田匡彦)

大学生の就職率、97.6% 高水準、高卒はバブル並み

  • カテゴリー:ニュース番組
k7sgsh4imu5hdrt9y38u_320_400-4c356a02.jpg

 今春に大学を卒業し、就職を希望した人の就職率は4月1日時点で97.6%で、過去最高だった昨年と比べると0.4ポイント減少したが、統計を始めた1997年春卒以降、2番目となる高水準を維持した。厚生労働省と文部科学省が17日、発表した。

 一方、就職を希望する全ての高校生を対象とした文科省の調査によると、3月末現在の就職率は昨年より0.1ポイント増の98.2%。9年連続の増加で、過去最高だったバブル期の1990年度(98.3%)にほぼ並んだ。人手不足を背景に、高校生についても企業の採用意欲が高い状況が続いている。

 

トランプ政権、対中関税第4弾を発表 iPhoneなど

  • カテゴリー:ニュース番組
42nh8z7vkktsdpszr4in_320_400-b6b4bb2e.jpg

 米通商代表部(USTR)は13日、中国からの輸入品を対象とした追加関税の「第4弾」の詳細を発表した。3805品目の総額3千億ドル分(約33兆円)に対し、最大25%の上乗せを検討する。スマートフォンなど従来は追加関税の対象外だった輸入品のほぼすべてを含み、発動されれば米消費者への打撃も大きい。

 6月17日に公聴会を開き、その後に反論コメントを受け付けるため、発動できる状態になるのは最速で6月下旬以降になる見通し。トランプ米大統領は13日、6月28~29日に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)サミットに触れ、「習近平(シーチンピン)国家主席と会い、実りの多い会談になるだろう」と述べた。発動の脅しをちらつかせつつ、中国側に譲歩を迫る構えだ。

 第4弾は、これまでの合計2500億ドルを上回る過去最大規模。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」やテレビなど消費への影響が大きい商品や、衣類などの生活必需品が広く含まれており、公聴会などでの意見を踏まえて品目や税率、対象規模は調整される可能性がある。

 追加関税をめぐっては、米政権は10日、2千億ドル分の第3弾について、10%から25%への関税の引き上げに踏み切ったばかり。トランプ大統領は、第4弾の発動準備に入るようUSTRに指示していた。(ワシントン=青山直篤)

縄文人ゲノムを高精度解析=「酒に強い」特徴も-国立科博など

  • カテゴリー:ニュース番組
jbg8a9utf8of7cancpxt_320_400-bb197701.jpg

 国立科学博物館などの研究チームは13日、北海道・礼文島の船泊遺跡から発掘された約3500~3800年前の縄文時代後期の女性人骨から全遺伝子情報(ゲノム)を高精度に解析したと発表した。論文は近く、日本人類学会の英文誌に掲載される。

 国立科博の神沢秀明研究員、国立遺伝学研究所の斎藤成也教授らのチームは船泊遺跡で見つかった女性人骨の大臼歯からDNAを採取。保存状態がよく、現代人とほぼ同じ精度でゲノムを解析することができた。

 解析の結果、縄文人の祖先は約1万8000~3万8000年前に、中国大陸に住む現在の漢民族との共通祖先から分岐したと推定。ロシア極東部から朝鮮半島、台湾の先住民など東アジアの沿岸部の集団と遺伝的に近く、比較的少ない人口集団で狩猟採集生活を続けていたことも分かった。 

 また、この女性の瞳(虹彩)が茶色く、髪の毛が細いなどの外見的特徴や、アルコールへの耐性が強いことなども判明。高脂肪食に適応した遺伝的特徴も持っており、このことは遺跡からアシカなどの骨が多数出土している状況とも一致した。

 研究チームにはこのほか、札幌医科大、金沢大、山梨大などの研究者が参加している。