管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

トランプ政権、対中関税第4弾を発表 iPhoneなど

  • カテゴリー:ニュース番組
42nh8z7vkktsdpszr4in_320_400-b6b4bb2e.jpg

 米通商代表部(USTR)は13日、中国からの輸入品を対象とした追加関税の「第4弾」の詳細を発表した。3805品目の総額3千億ドル分(約33兆円)に対し、最大25%の上乗せを検討する。スマートフォンなど従来は追加関税の対象外だった輸入品のほぼすべてを含み、発動されれば米消費者への打撃も大きい。

 6月17日に公聴会を開き、その後に反論コメントを受け付けるため、発動できる状態になるのは最速で6月下旬以降になる見通し。トランプ米大統領は13日、6月28~29日に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)サミットに触れ、「習近平(シーチンピン)国家主席と会い、実りの多い会談になるだろう」と述べた。発動の脅しをちらつかせつつ、中国側に譲歩を迫る構えだ。

 第4弾は、これまでの合計2500億ドルを上回る過去最大規模。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」やテレビなど消費への影響が大きい商品や、衣類などの生活必需品が広く含まれており、公聴会などでの意見を踏まえて品目や税率、対象規模は調整される可能性がある。

 追加関税をめぐっては、米政権は10日、2千億ドル分の第3弾について、10%から25%への関税の引き上げに踏み切ったばかり。トランプ大統領は、第4弾の発動準備に入るようUSTRに指示していた。(ワシントン=青山直篤)

縄文人ゲノムを高精度解析=「酒に強い」特徴も-国立科博など

  • カテゴリー:ニュース番組
jbg8a9utf8of7cancpxt_320_400-bb197701.jpg

 国立科学博物館などの研究チームは13日、北海道・礼文島の船泊遺跡から発掘された約3500~3800年前の縄文時代後期の女性人骨から全遺伝子情報(ゲノム)を高精度に解析したと発表した。論文は近く、日本人類学会の英文誌に掲載される。

 国立科博の神沢秀明研究員、国立遺伝学研究所の斎藤成也教授らのチームは船泊遺跡で見つかった女性人骨の大臼歯からDNAを採取。保存状態がよく、現代人とほぼ同じ精度でゲノムを解析することができた。

 解析の結果、縄文人の祖先は約1万8000~3万8000年前に、中国大陸に住む現在の漢民族との共通祖先から分岐したと推定。ロシア極東部から朝鮮半島、台湾の先住民など東アジアの沿岸部の集団と遺伝的に近く、比較的少ない人口集団で狩猟採集生活を続けていたことも分かった。 

 また、この女性の瞳(虹彩)が茶色く、髪の毛が細いなどの外見的特徴や、アルコールへの耐性が強いことなども判明。高脂肪食に適応した遺伝的特徴も持っており、このことは遺跡からアシカなどの骨が多数出土している状況とも一致した。

 研究チームにはこのほか、札幌医科大、金沢大、山梨大などの研究者が参加している。

温室ガス把握で新指針=各国の排出量「見える化」-IPCC

  • カテゴリー:ニュース番組
cgy7z2pjmkx738vkyjak_320_400-cda7c1a1.jpg

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は13日、各国の温室効果ガス排出量を算定するための新たな指針を公表した。

 12日まで京都市で開かれていた総会で採択された。2020年以降の地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の実現に向けて、世界各国の温室ガス削減量をより正確に把握し、「見える化」するための共通ルールとなる。

 13日午前に記者会見したIPCCの李会晟議長は「新指針の目的は、先進国も発展途上国も排出量を報告するプロセスの透明性を高めることだ。そうなることでパリ協定の実現につながる」と、意義を強調した。

 新指針では、温室ガス排出量を正確に把握するため、日本が得意とする人工衛星を活用した手法が盛り込まれた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが打ち上げた温室ガス観測技術衛星も紹介された。日本政府は、6月末に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に向け、温暖化対策への積極姿勢や貢献のアピールにつなげたい考えだ。

 現在、各国は主に06年に策定された指針に基づき、温室ガスの排出量を算定している。統計データなどを基に、主要な温室ガスである二酸化炭素やメタンガスの排出量を推計するといった手法が盛り込まれている。

 ただ、発展途上国などでは推計に用いる統計データが不十分な場合がある。このため新指針は、衛星を活用して得られた数値と推計値を比較することで、途上国でも客観的に排出量を把握できるようにした。 

仁徳天皇陵、世界遺産へ ユネスコ機関が登録勧告

  • カテゴリー:ニュース番組
n83nr6yzz9neb9wxeyf6-0715146c.jpg

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は13日、日本最大の前方後円墳「仁徳天皇陵古墳」(大山古墳、堺市)を含む大阪府南部の「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に登録するよう勧告した。全49基の古墳が対象。文化庁が14日未明、発表した。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる見通しで、天皇や皇族が葬られた「陵墓」が世界遺産になるのは初めて。令和に入り最初の世界遺産となる。

 登録されれば日本の世界遺産は文化19、自然4の計23件となる。文化遺産の登録は、2013年の「富士山」以降7年連続。